僕の婚活

平成最後の年、僕の婚活は、ついに終わりを迎えました。
結婚なんて、その気になればいつでもできる、
相談所に入れば、すぐに相手がみつかると思って始めた婚活でしたが、
32歳で、相談所に入会し、結婚がみえるまで3年間、僕は、35歳になっていました。
婚活を始めた32歳頃は、20代の美しく可愛い女性が結婚対象でした。
年齢と写真にばかり目がいってしまったのが、婚活一年目です。

その頃、社内や同じ部署の20代の女性新入社員や入社数年目の女性社員を交えた食事会、
飲み会で、僕なりのアピールをしていたのですが、あまり良い反応はありませんでした。
今思えば、僕は、既に、恋愛対象から外れていたようです。
お見合いをしても、交際をしても、しっくりこないと断られることが多かったのは、
その人の本質を理解しようとしない、見た目と年齢に囚われている自分の姿勢が、
女性に伝わったのかもしれません。

二年目は、一年目より、お見合いも少なくなり、少し辛い時期でした。
「なぜ、年の離れた若い方がいいの?」とアドバイザーの方に聞かれ、
僕の答えは、「子供がほしい。出産を考えると若い女性の方が良い」と、
本音とは言えないようなものでした。
「子供がほしいという理由だけで結婚して、本当に幸せになれるかしら。
女性が若いから子供を授かるという保障はありませんし、
家庭は、男性と女性の愛情の上に、築いていくものです。
結婚の単位はご夫婦なんですよ」と説得され、しぶしぶ希望年齢を上げました。

そして、昨年秋にお見合いをし、出会いました。
この人とずっと一緒にいたい、結婚して家庭を築きたいと、
とても好きになった女性の年齢は、僕と同じ。
正確に言えば、僕より2ヶ月早い誕生日です。
婚活を始めたころの理想とは、違っていましたが、
初めて会ったときから、親しみを感じ、自然な会話ができました。
彼女の笑顔と、優しい声が大好きで、思いやりを持つことや、
それなりに努力は惜しみませんでしたが、
相手に媚びたり無理をしない自分になれたのは、
年齢のギャップがなかったためかと思います。
三年間の婚活は、僕を少し大人にしてくれたのかもしれません。

僕達は、平成から年号が変わったときに、結婚します。
今は、新しい年号と共に、二人で新たな人生を歩んでいけるという期待と喜びで一杯です。