運命が導く赤い糸

某結婚相談所のアドバイザーです。
私はこれまでの数々のご成婚カップルの中で、本当に不思議なご縁に出会ったことがあります。それは、1人の30代の女性がご登録された時のお話しです。私はご入会説明時より、「この女性には、あの男性!」とピンとくる男性が1名いらっしゃいました。早速、その方をご紹介させて頂き、お見合いの運びとなりました。お話しも楽しそうに盛り上がり、とてもお似合いのお二人でした。スムーズに交際もスタートされ、円満なご成婚となられたことを本当に嬉しく思いました。が・・・、そのご成婚時に、私は彼女からこっそり打ち明けられたことに背筋がゾッとしてしまいました。なんとお二人は、20代の頃、身内の方の紹介で、少しの間交際されていたそうです。ただ、その時は互いに「結婚となると何か違うかな・・・」ということで、自然に連絡を取らなくなって、消滅してしまっていたそうです。
当相談所のご紹介はもちろんお写真付きのプロフィールなのですが・・・。
お二人ともに当時のことを思い出すことなく初対面のようにお見合いされていました。
そして、交際が約1ヶ月となった頃、お互いの住まい付近に立ち寄ることもあり、彼女は「何だか、昔ここに来たことあるかも・・?もしかして・・・??」ということで、身内の方に確認し、当時の彼だと判明したそうです。「ほんとに、こんなことってあるの?!」彼女自身も驚くしかなかったそうです。
彼女は当相談所で、たった1回のお見合いで彼と再び出会(再会?)いました。そして、今回の出会いでは、結婚への想いが成就され、今はお幸せにお暮しです。
約10年もの時が過ぎ、運命に導かれたかのように場所を変えて出会われたお二人です。
奇しくも、彼女がご登録されたのは、彼のお誕生日の日でした。
運命の赤い糸を引き寄せたのは彼なのかも知れません・・・。

出会いの場があれば、そこには必ず、ご縁があります。
それが、結婚を前向きに考える人達の集まりの場であれば、
赤い糸を“キュッ”と結びつけることができる不思議なシステム。
それが、お見合いなのです。