想定外

結婚相談所で紹介され、お見合いをしたときの彼女は、控えめでおとなしく、
言葉少ない中からでも人柄の良さが感じられ、僕は迷うことなく交際に進もうと決めた。
彼女からの交際に対する返事は数日かかったけれども、
それさえ控えめな彼女らしいと思ったほどだ。

いざ交際が始まると、デートを重ねるごとに彼女の口数はどんどん多くなり、
自分の家族・趣味・勤務先のことに至るまで、本当によくしゃべるようになった。
そんな彼女を見ているのは楽しく、僕にとっては嬉しい驚きだった。
そのうち二人のデートプランも、いつの間にか彼女が仕切るようになってきた。
控えめでおとなしいばかりの女性かと思っていたが、
僕の婚活においてまさに想定外の展開になった。

このごろ思うのだ。これでいいのだろうかと。
このままではずっと彼女のペースに流されてしまいそうだ。
最近では僕の方が控えめでおとなしい存在になってしまっている。
彼女と会っているのは楽しいが、本当にこんな調子でいいのかと考えてしまうのだ。

今日で交際を始めて2ヶ月目を迎える。
彼女がデート場所に指定してきたのは、夜景がきれいに見えるホテルのレストランだ。
なんだかイヤな予感がする。
僕の心がざわめく。

結婚相談所は、とても良い人を紹介してくれた。
だから誠意を持って臨む。僕は決心した。
彼女にとって残念な結果になるとは思うが、仕方ない。僕自身の問題なのだ。

待ち合わせの時間になった。
場所は駅前のスクランブル交差点。これは僕が指定した。
夕暮れ時の今は、特に人が多く賑やかだ。
人波の向こうから彼女が手を挙げて走ってくる。
「待った?」と息を弾ませる彼女に僕は大きな声で言った。

「結婚してください!!」

積極的になった彼女が企んでいたのは、多分彼女からのプロポーズ。
夜景のきれいなレストランで決めようしたのだろうが、そうは問屋が卸さない。
それは僕の役目だ! 令和となり新しい時代を迎えた今でも、
どうしても譲れないものはあるのだ。
どうだ、こんな人が大勢いるところではプロポーズなどできまい!

周囲がシンと静まり返って、僕は我に返った。
自分からのプロポーズを焦るあまり、熱くなっていた。今さらになって頭が冷えた。
そうだ、僕は彼女のプランを台無しにした。
しかもこんなムードも何もない衆人環視のもとでのプロポーズだ。
彼女の怒りが爆発するのは必至。なにより不安なのは、完全に僕の勘違いで、
彼女がプロポーズを考えていることすらなかったとしたら…。
僕はどうしようもない大恥かきの馬鹿野郎でしかない。

「…はい」

そうですか。やっぱり馬鹿野郎ですね…って、
え? 目の前の彼女を見ると、目から大粒の涙をぽろぽろこぼして静かにうなずいている。
それと同時に周囲の人たちから歓声が上がる。

「オメデトー!」

知らない人たちからの祝福の声。
これまでに見たこともない、彼女の美しい涙。

なにもかもが想定外のうちに、僕の婚活は幕を閉じた。